SEO対策
Bee-Harmony 本
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




「モモタと遊んでいるから、好きな所に行っておいでよ。」
との家人の言葉に甘え(彼はなかなかの育メンである)、一人フラフラと出かけてみた。

色とりどりで細かい物がたくさん置いてあるような場所へ行くと興奮の坩堝に陥る人(もちろんモモタのことだ)と一緒ではまず行けないであろう手芸店へ。
あぁ・・・私の知らない毛糸がたくさん売っていた。目をギラギラさせながら物色。キレイ色の毛糸を3玉購入。

続いて本屋へ。
ゆっくり本を眺められるこのシ・ア・ワ・セ。

そして、楽しげな本を見つけた。
↓コレ。
【送料無料】そのまま豆本(はじ...

【送料無料】そのまま豆本(はじ...

価格:1,470円(税込、送料別)



小さな本の作り方が載っている本かと思いきや、「今すぐ切って作れる豆本用紙付き!」なんて書いてあるではないか。
そう、中のページを直接切ったり、貼ったり、縫ったりすると豆本が作れちゃうのよっ!というモノなのだ。
作成する楽しみはもちろん、完成品を飾ってもよい感じになりそうだ。
おおぅ、ワクワクしてきたよ。

では、今から1冊作ってみよう。




スポンサーサイト




いつ出るのかな~と待ちにまっていた本。
0型の。↓自分O型なんで。




かなり笑えた。特に、

□身体をぶつけやすい。
□見に覚えのないアザがある。そこかしこに。
□押すと痛い。
□のに、押す。
□知らないうちに切り傷もある。
□ちょっと怖くなる。


そうなのよっ!私にもほんと、アザ多いのだ。
押すと痛いのにワザと押しちゃうし。
指とかよく血、出てるし。いつ切ったんだ?ってね。

そして、やっぱりO型ってテキトーなんだね。
「おおらか」なのか、「おおざっぱ」なのか。
フ、素敵な血液デスヨ、オーガタ。

私の友人にはなぜかO型人間が多い。
それぞれが
「テキトーでいいよね、テキトーで♪」
と言い合うので、とても楽チン。(笑)

だが、一番身近にいる夫がA型だったりする。
彼はO型の私をみて、
「何故そんなにテキトーなんだっ!!??それでいいんだっ!?」
と思うことが多々あるらしい。

テキトーにもいろんな意味があるのだ。(Yahoo!辞書より)

てき-とう【適当】
1 ある条件・目的・要求などに、うまくあてはまること。かなっていること。ふさわしいこと。また、そのさま。
2 程度などが、ほどよいこと。また、そのさま。
3 やり方などが、いいかげんであること。また、そのさま。悪い意味で用いられる。


「3」番であることは僅かですよ、ホントだよ。










本日、とても楽しげな本を見つけた。




ちいさな箱やラベルがいっぱい
  ペーパー雑貨メイキング
    「切りぬくBOOK」


実際にページを切りぬいて、いろいろな雑貨を作るという本だ。
紙モノ好きの私としては見逃せない。早速購入。

080505-2.jpg
「おさいほうセット」や「ギフトラベル」、「ちいさな文房具入れ」などが出来上がるらしい。

実は、この「おさいほうセット」が作りたくてこの本を購入。

でもさ・・・・いざハサミをいれようとすると、なんだかもったいないような気が。
もう一冊購入して保存用にしようか。。。いやいやっ!!それは無駄だっ!!

切りぬいて作りたいような、でももったいないような・・・・
ちょいと今悩んでいるのである。

ハッ(゜0゜)!!今思ったけど、この本をもう一日早く入手出来ていれば、昨日作成したマッチ箱に2時間も費やさずに済んだような・・・












楽しみにしていた「yomyom vol.3」が発売になった。



コレ、大変な売れ行きなんだってね。

去年暮れに「yomyom」が発売になった時、私も「何?このかわいい表紙はっ!?」とジャケ買い(?)してしまったのが正直なところではあるが、その中身はというと、大好きな作家が名を連ねていた。字も大きく、大変読みやすい。

Pict0320.jpg
なんといっても、100%ORAGEさんのイラストのかわいさったたらっ!!
「Yonda?CLUB」の応募マークもついている。

Vol.3は、一気に読んでしまうともったいないので、少しずつ読んでいる。
今、重松清さんの「ドロップスは神さまの涙」を読み終えたところ。ほろりとくるとても良いお話だった。








私は料理が大嫌いだ。
幼い頃より、母から手ほどきを受けてきたので、決して作れないわけではない。
食材を買いに行ったり、それを剥いたり、切ったり、茹でたり、炒めたりが面倒で面倒で仕方がない。
一番厄介なのは、毎日の献立を考えることだ。本当に面倒っ!!

が、そんな私に強い味方が登場した。

070517.jpg
「週刊 毎日おいしい はなまるレシピ」

そうっ!!!
毎日出勤前に楽しみに観ているTBSテレビ「はなまるマーケット」で紹介されたレシピが週刊誌になって登場とのこと。やったねっ!!岡江さんっ!!

はなまるファンとしては買わないわけにはゆかぬ。
早速創刊号を入手。

「へぇーなるほどねー、切り離してカードになるんだぁ♪」
というわけで、完成形↓
075017-2.jpg


毎号30品紹介で、全50号だそうだ。・・・え?全1500品?
なんとも、コレクター魂をくすぐるではないか。

「1冊290円。290円×50冊。14500円かぁ。。。これくらいだったら、毎号買ってもいいかもしれん。。。」
がっ!!!しかしっ!!!!
よくよく表紙を見ると、「創刊特別定価290円」って記載されているっ!?

・・・・最終ページに
「次号予告 5月31日発売 定価500円」って。

コンプリ無理。
500円という値段設定は、微妙に高い気がしてならない。

といいつつ、毎週木曜日本屋に行くのだろうなぁ・・・私。









前回記事で書いた「ほぼ日手帳」。楽しみながら使用しているのだが、文庫本サイズ1日1ページではスペースが最近足りなくなってきている。
なぜなら、この本を読んでしまったからだ。



手帳の使い方や、日記の書き方などをアドバイスする書籍は数多いが、目次を見て「これだっ!」とココロの中叫んで購入してきた本。
とても良いことがたくさん載っている。読みながら
「うんうん、そうだよね。えぇ、えぇ、おっしゃる通りでございますっ!!ブラボーーッ!!」と、目の前にはいない著者に拍手喝采してみたり。
主旨は毎日日記をつけることで(しかも3分間でOKなのだ!)自分の夢が叶うのだよ、というものである。
「そんなバカな・・・」と思いながらも、本を読み進むにつれ「あ、そうかも・・・叶うかも」という気になってくるから不思議だ。
日記をつけるほかにも、自分の心質(心の質)を向上させる方法など、とにかく感銘を受けてしまった1冊である。

私にもまだまだ夢はたくさんあるのだ。(野望ともいう?)
そんなわけで、3分間日記も書くことにした為、「ほぼ日手帳」だけでは足りない今日この頃なのだ。。。




楽しみにしていた「ほぼ日手帳の秘密」(幻冬舎 ほぼ日刊イトイ新聞・山田浩子編著)が、発売日より1日早く私の手元へ届いた。
自称「手帳フェチ」の私にとって、他人がほぼ日手帳をどのように使用しているのか、大変興味深いところであった。

「ほぅ、こんな使い方が・・・おおっ!!こんな使い方も!?」と驚くような使用方法も紹介されていた。
「ふふん、私の使い方もまんざらではないわね。来年は私のところにも取材にきてください。」と誰に言うでもなく、つぶやいてみたり。

中でも興味深かったのは、P72主婦高木伸子さんの使用方法だ。自分の「占い辞典」ができつつあるとのこと。

その昔、私もタロット占いにハマリにハマったことがあった。
父親はそんな私を見て、「本当は違う運命だったのに、タロット占いをしたことによって、占いの通りに運命が変わってしまうのだ。自分で自分の運命を変えているんだ。」と言った。
うむ~~・・・そうかもしれないっ!!と、タロット占いのあまりの的中率と父親の助言により、怖くなってやめたという経験がある。

しかし、高木伸子さんの使用方法は素敵だなーぁ、とお会いしたこともない話したこともない全く面識のない高木さんにウットリしてしまった。詳しくは本誌をご覧遊ばせ。

さて、「ほぼ日手帳2006」はどんな使い方をしよう?
使い方を考えている今のこの時間もとても楽しいのである。








| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 Bee-Harmony, All rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。