SEO対策
Bee-Harmony 2009年10月
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今日は朝からひどい目にあった。

眠い目をこすりながらベットの上で立ち上がると、その瞬間左ふくらはぎが攣った!!
激痛すぎる激痛!!。激痛の中の激痛!!!!!。

「いたぁぁぁぁぁぁぁぁぁぃっっっっっっ!!!!」
もうね、悲鳴に近い声を上げてしまった。
そのままベットに仰向けにひっくり返ったのだが、その際、壁に後頭部を強かに打ちつけた。

ふくらはぎのあまりの痛さに後頭部のことはあまりよく覚えていない。頭の痛みは全く感じていなかったように思う。
兎に角ふくらはぎが痛すぎてベットの上でのたうち回った・・・。最悪な一日のスタート・・・・。

後々、私がのたうち回っている間のことを夫から聞いた。

モモタが私のただならぬ様子にとても慌ててしまったらしい。
「ママッ!!ママッ!!ねんね、ねんねっ!!」と言いながら、私に自分の枕を差し出していたらしい。
夫曰く、「具合が悪いならボクの枕を貸してあげるから寝てっ!!」という意味だったのではないかと。
さらに、私が頭を打ちつけた壁を叩いていたらしい。
「ママ、今ここに頭ぶつけたよねっ!?ボク見てたよっ!!この壁が悪いんだよねっ!?」という意味か。
そして、しまいには「ママァーーーーーッ!!」と泣き出してしまったとのこと。
本当に私のことが心配だったらしい。

そして夫は、私の身に一体何が起こり、後頭部壁に強打に至ったのか不思議だったとのこと。
ただ、後頭部を打ち付けたとき「ゴンッ!!」という鈍い音が響いたらしく、やたらと頭のことを心配してくれていた。

幸いなことに、ふくらはぎの痛みも3分ほどで治まり(筋肉痛のような痛みは1時間ほど続いた。今もまだ若干だが痛みの余韻が・・・)、頭もまったく問題なし。

ふくらはぎ攣るなんて、何年ぶりだろう。痛かった・・・・。過呼吸起こしそうになったし。
でも、モモタの心配ぶりがとても嬉しかった。

もう、コドモみたいにベットの上で立ち上がるの、やめよう・・・・・。







スポンサーサイト




夫タロ氏がまたもや変な飲み物を買って帰ってきた。前回のはコチラ


ペプシ あずき。

あずきよっ!!小豆っ!!
なぜゆえ炭酸飲料と小豆を掛け合わせたのかっ!?
「ペプシとあずきの雅な出会い」なんて書いてある。み、雅って・・・・。

091027-2.jpg
あああっ!!
コップのチョイスがまずかった。
ブルーのコップに注いだらますます怪しい妖しい液体にっ!
怖すぎてコップいっぱいには注げず。



勇気を出して飲んでみた。
「小豆だね・・・・・。」
「小豆だね・・・・・。」
口にした後の第一声は、夫婦そろって同じ一言だった。

飲み込んだ後、口いっぱいに小豆の香りが残る。
アズキバーは許せるが、これは遺憾である。
はっきりいって不味い。







今ね・・・・。
ノルマとして課せられたコップ一杯のあずきペプシを飲みながら書いている。
「あー、雅だ、雅だ。」
と、自分を騙しつつノルマをこなすのに必死なのである。

きゅうり、シソ、アズキ・・・ときたら次は一体何であろう。もはや楽しみだよ。







急に寒い。ものすごく寒い。とうとう暖房のスイッチをONにした。あぁ、寒い。

体感的にはものすごく寒いが、心がほっと温かくなるものが届いた。

091026-1.jpg
ラッピングも大人っぽくって素敵。
なかなか開封できないわ・・・。





091026-2.jpg
しばらく眺めてから開封。
小箱の中から現れたものは、髪飾り。





091026-3.jpg
6cmほどの可愛いサイズ。
でもその存在感はタップリと。





実はこれ、私のお気に入りショップの一つでもあるkusu*kusuさんでのHP3周年&30,000hitを記念してのpresent企画に当選して頂いたものなのデス♪

ピンクのアクセサリーを身につけるのは、すこし気恥ずかしい年齢になってしまった私ではあるが(本日10/26またひとつ年齢を重ねってしまったわ・・・)、このピンクは渋めの大人カラーのため、まとめ髪のアクセントとしてチラッと見える感じで留めると素敵であろう!!

また、手帳にしおり代わりとして表紙に留めておくのもキュート♪


emiさん、ありがとうございました!!
大切にします♪♪








本日から、私とモモタのかかりつけ医にて季節性インフルエンザの予防接種が開始となった。
母子での接種希望のため午前9時過ぎにモバイルサイトにて予約をとろうとアクセスすると、すでに40人待ち。初日であるため混むだろうと予測はしていたが。
随時サイトにて自分達の番が何時ごろになるかはチェックできるため、予約番号をとった。

11時50分に病院にへ。ふと待合室に目をやると・・・・
いる。ものすごい沢山の人がっ。「インフルエンザになっちゃいました」顔の人がっ!!
具合悪そうっ!!とても具合悪そうっ!!!

受付に診察券を提示すると、
「今日はどのような症状で?」
「あ、あのぅ・・・インフルエンザの予防接種を・・・・」
「大変申し訳ありませんが、本日インフルエンザの患者さんが多数おりまして、このままお待ち頂くのはとても厳しい状況だと・・・・」

うん、うん、そうでしょうね、そうでしょうね。
インフルエンザウィルスが目に見えてしまいそうなこの状況下、健康体の私とモモタは明らかに場違い・・・・。

「14時半にもう一度来てもらえませんか?その時に打つようにしますので・・・・・すいません。」
受付の人も相当テンパってるんでしょうね、なんだかグッタリしている。

「あー、分かりました。また来ます!」
早く具合の悪い人達を先に診てあげてーと、早々に退散。

一旦自宅に戻り、昼食を食べ、モモタはお昼寝。

再度14時半に病院到着。
受付にまた沢山の人。
どうやら午前中に帰されてしまった接種希望者は私達だけではなかったらしい。
午前組と、午後の診察希望者が列を作っていた。

「これは時間かかるかな。」と思ったが、午前組はすぐに診察室に入ることができた。

まずはモモタから。
医師の顔を見た瞬間固まるモモタ。
「はい、まずお口の中見せてねー。」
ここでモモタ号泣。
「大丈夫だね。じゃ、左腕に打つよ~~。」
と、モモタ、ピタリと泣き止む。
針がモモタの腕に刺さる。
泣くかと思いきや、「うっ・・・」と小さく声を出しただけで泣かず。
「おおっ!!えらいなぁっ!!」
医師と看護士に褒められる。

「はい、次お母さん。お母さん、元気だね。じゃ、左腕ー。」
あらま、サッサと打たれちゃったわよ。
ふぅ・・・・・痛かった・・・・・。

モモタが注射時に泣かなかったのは。

今日は朝から彼に言い聞かせていた。
「今日ね、チックンしに病院に行くけど、大丈夫?」
「うん」
「チックンだよ?」
「うん」
「チックンって何だか分かる?」
「うんっ!!」
そう言うと、モモタは右手人差し指で左腕をツンツンと突っついた。
おおぅ・・・・「チックン=注射=痛いモノ」ということをちゃんと理解しているようだ。
「痛いよ?泣かずに我慢できる?」
「うんっ!!」

と、上記の会話を何回か繰り返していたのだ。
よって、注射時にピタリと泣き止んだのではないかと思われる。

頑張った。偉かったー。
モモタの男気を感じた一日であった。




それにしても、待合室を見たときに、インフルエンザの流行振りにゾッとした。
中には新型インフルエンザの患者さんもいたかもしれない。
幸い、私の身の回りにはまだ罹った人はいないが、もう身近なところまできているのかもしれない。

モモタは一歳児。そして私には基礎疾患がある。
新型インフルエンザの予防接種が混乱など起きずにスムーズに打てるのか心配である。


↓頑張ったモモタに拍手のつもりでおひとつポチリとお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
にほんブログ村








どんどん増殖して困るもの。
それはモモタの玩具である。

まぁ、増える、増える。
雑誌の付録やら、こどもチャレンジのエデュトイやら、ガチャガチャ(って言う?)やら、食玩やら、細々・・・。
しかも、モモタは空き箱をコレクションしているので、時々玩具箱が「ゴミ箱ですか?」と問いたくなるような状況になっていることもしばしば・・・・。

**モモタ空き箱コレクションとは
牛乳パック、ラップの箱、ラップの筒、カレールーの箱・・・などなど主にキッチンから出る空き箱。大人から見たらただのゴミ。資源ゴミ。

来月下旬には引越しを控えている。今のうちに物を減らしていかねばならぬ。
そんなわけで、本日ターゲットになったのがモモタの玩具箱だ。

しかし・・・・私にはモモタの玩具は捨てられぬ。いざ実行しようとすると、
「あー、これはあの時の思い出の品。あ、こっちのはモモタが気に入っていたオモチャ・・・。」
と、走馬灯のように思い出が浮かんできてしまうため、処分できず終い。

そこで、モモタ玩具箱整理隊長として、夫タロ氏を任命した。
隊長、早速実行にうつる。

「これはいらない。これもいらない。あ、こんなのもういらないだろう。これもいらない。」
ものすごい勢いで「いらない物」に区分されていく玩具たち。
「え、これは今も時々遊んでるよ?」
「じゃ、取っておけば。」
「えっ!?これも捨てちゃうのっ!?」
「あのさ、そんなに口出しされたら何も捨てられないんだけど。」

どうしても迷ってしまう物については、モモタ本人に訊いていた。
「モモタ、これいらないよね?」
「うん。」
「これもいらないよね?」
「ィヤッ!!」
一応、モモタにも要る要らないの区別がつくらしい・・・・。

というわけで、玩具箱半分位が片付いた。
私としては、捨ててしまうには惜しいものがいくつかあったのだが。

死蔵品になる前に処分していかないとね・・・・
もちろん「今までありがとう。」の気持ちをこめて。




080509.jpgふひーっ!!
オレは無事だったぜーーーーっ!!


あ、サミーさん、お久しぶり。
















モモタに華麗な逆上がりを見せ付けようとしたものの、失敗に終わった・・・・と書いたのは記憶に新しいところだ。
そのエントリーを読んだ夫は
「ふっ・・・相変わらず漫画みたいな生き方してるね。」
と、言い放った。
フンッ、何さっ!!ワタシは真剣だったのよっ!!

本日はモモタパパも一緒に公園へ。

「あ~、この鉄棒で逆上がりしてみようと思ったんだ~?やってみようかな~~」

「えー無理しないほうがいいよー。目回るよ。」
ふ・・・きっと出来ないに違いないよ。心の中でワタシはニヤリとした。

「うん、そうだね。出来ないような気がする。」
と、言いつつも鉄棒を握る夫。

「モモタ、パパがね逆上がりしてみるってサ。」

「ふっ!!」
掛け声とともに足を振り上げる。



「できた♪。」
「おおぅ~~」
と、モモタは感嘆の声をあげている。



・・・出来たよ、タロさん、華麗に回っちゃったたよ・・・・・・そんな馬鹿な・・・・。



ハッ!こうしてはいられないっ!!夫から鉄棒を奪う。

「わ、ワタシもトライしてみるっ!!」
「やめなよ。怪我されても困る。」

ムキーーーーッ









出来なかった。3回トライしてみたがやはり出来なかった。
また気持ち悪くなった。なんか、ふくらはぎ痛くした。
モモタ、もうワタシの方見てないよ・・・・滑り台に夢中になってるし。

「かぁちゃん、逆上がり教えてくれよ。」
「え?逆上がり?モモタ出来ないの?仕方ないわねぇ、ママの華麗な逆上がりを御覧なさいな。」
「さ、さ、逆上がり?マ、マ、ママも、も、もちろん出来るんだけどね・・・パ、パパに教わりなさいな。」
と、うろたえながら答えることになりそうだ。orz









最近一番憂鬱に感じているのは、「買い物」だ。
なぜならば、モモタが「ベビーカー」と「ショッピングカート」を敵対心メラメラで睨み付けるからだ。

毎回買い物のたびに
「ねー、モモタぁ・・・。ママさ、お買い物したいのね。」
「うん」
「お願いがあるんだけどね。」
「うん?」
「ショッピングカートに座ってくれる?座ってくれるとママ、とっても助かるんだけど。」
「うん」
「え、座ってくれるの?」
「うん」
「本当に座ってくれるの?」
「うんっ!!」←満面の笑み
と、上記のような会話がなされる。
大体が駐車場にてモモタをチャイルドシートから解放している場面でだ。

まずはスーパーの入り口までモモタを抱っこしながら歩く。
その時もしつこく
「座ってね、座ってね。」
「うん、うん。」
という会話が続いている。

一歩一歩入り口が近づく。

「座ってね。」
「うん・・・・」←声のトーンが落ちる。
「座ってよ?」
「・・・う・・ん・・・」←ものすごく声が小さくなる。
「え?座ってくれるんだよね?」
「・・・・・」←無言。余所見してるし。

入り口の自動ドアを抜け、ショッピングカートの前に到着。
「はい、座って。」
「イヤッ!!!!!!」
ダッ!!!!!

上記の「ダッ!!!!!」はモモタが逃走した音である。

この後はモモタを捕まえ、右手でショッピングカートを押し、左腕にモモタを抱きかかえながらのショッピングタイムなのである。時々私の腕から脱走される。追う。疲れる。いい汗かく・・・・。
あー、なんか今思い出しながら書いてたら疲れてきた。・・・・ハァハァ。

こんな調子であるからして、レジにて会計も本当に大変だ。

がっ!!しかしだ。
最近モモタを連れての買い物時、人の優しさに触れる機会が本当に増えた。

声をかけてくれる方、駄々をこねるモモタをあやしてくれる方、レジ袋に商品を詰めてくれる方、私が使用したカゴやカートを所定位置まで戻してくれる方、買い物袋を駐車場まで持ってくださる方・・・・・本当にいろいろな方が助けてくださる。

本日もとぉ~っても親切にしてくださった奥様がいて・・・・あまりの優しさにワタシ、ちょいと涙ぐんでしまったのだ、こっそり。

「人」って優しいんだ。

誰かに優しさをもらったら、私も誰かに優しさをおかえししよう。





3ヶ月当ブログ更新なしの間、モモタはものすごい勢いで成長を続け現在1歳9ヶ月、怪獣モモタゴンと化した。「モモタゴン」と弱っちそうなネーミングではあるが、決して侮ってはいけない。ヤツのボディアタックは驚異的なパワーを持っている。いつ私のあばら骨を折られるか・・・毎日ビクビク過ごしているのである。

さて、そんなモモタゴンを毎日午前のうちに近所の公園に連れて行き暴れさせているのだが。
常日頃、是非とも挑戦してみたいことが私にはあった。

それは、「鉄棒」だ。

いつか来るであろう、「かぁちゃん、逆上がり教えてくれよ。」というモモタからの依頼。
いや、もしかしたらモモタは自分自身で修得するかもしれないが、依頼が来ないとは言い切れない。

その時だ。私は彼に鼻高々と言いたい。
「え?逆上がり?モモタ出来ないの?仕方ないわねぇ、ママの華麗な逆上がりを御覧なさいな。」
とか言いつつ、クルリンと美しい逆上がりを見せ付けてやりたいのだ。

しかし、しかしだっ!!
果たして今の私に逆上がりなど出来るのであろうか。
最後に逆上がりをしたのは一体いつだ?小学校6年生くらいか?

本日の公園・・・・誰もいない・・・・。
今だっ!!!逆上がりが出来るか出来ないか、試すなら今だっ!!!!!!

「モモタっ!!ママの華麗な逆上がりを見よっ!!」←本当に言った。誰もいなかったし。
キョトンとするモモタ。
「それっ!!!!!」







出来ましたっ!!見事な回転!!美しすぎる回転!!









すいません。嘘をつきました。
全くもってできませんでした。

しかも気持ち悪くなった。背中の筋も痛めた。

嗚呼。寄る年波には勝てぬ・・・・・・・。

モモタの記憶に残りませぬように・・・・。












うーわーあーーーーーーーっ!!!!
前回更新が7月13日ですってよっ!?3ヶ月前っ!?
慌ててブログテンプレートをハロウィン仕様にしてみた・・・・

えーと、えーと、ワタシ生きてます。そして小さい人モモタも生きてます。

更新しないにもホドってものがあるわよね。
きっともう訪問してくださっている方なんていないに違いない・・・と、今さっきアクセス解析チェックしてみたら・・・・

いらっしゃるーーーーーーっ!!!

見に来てくださっていた方々、申し訳ありませんでした。そして本当にありがとうございます。
「ちっ、また更新してねぇよ・・・」と幾度となくつぶやかれたことでしょうね・・・・。

実はですね・・・とあるネットゲームにはまってました。

モモタは毎晩20時には就寝するため、比較的私は「自分の時間」を持つことができているのですが、この貴重な時間をネットゲームに費やしていました。
頭の片隅で「このままではネット廃人になってしまふ・・・。」とか、「こんなことやってる時間にねっと*ぽっとの作品作ろうよ。」とか思いつつもやめられないネットゲームの恐ろしさ・・・・アワワワワワワ。

でもね、やっと目が覚めました。
「しっかり生きている人」のブログを読んでハッとしたのですよ。
駄目だっ!!!このままでは私はますます駄目駄目人間になってしまう。
私もしっかり生きなきゃっ!!!!

今モーレツに深く反省し、ネットゲームはアンインストールした。
もうやらないっ!!!!

時は金なり。
本当にその通りである。
「時間」と「若さ」はお金では買えない。

ちゃんと生きよう。




というわけでね、活動再開しようと思います。
こんな私とこのブログ、そしてねっと*ぽっとをどうぞ御贔屓に・・・










| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 Bee-Harmony, All rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。