SEO対策
Bee-Harmony 2010年07月
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今月12日に2歳6カ月になるモモタ。
2歳4カ月を過ぎた頃からだんだんと単語が増えていき、まだまだ謎めいた発言が多いが、それでもかなり親子での会話が可能になり、毎日が楽しい。

そこでモモタに質問してみることにした。
「ママのお腹の中で何してたの?」と。
これは妊娠中から楽しみにしていたことだ。
はたしてモモタの記憶の中に残っているのか、答えてくれるのか・・・・。

朝食時、バナナを食べながらリラックスしているモモタに聞いてみた。

「ママのお腹の中で何してた?覚えてる?」
「ん?」と言い、何やら思い出そうとしている表情。
「すきすき~~~って。」
「え?すきすき~~ってしてたの?」
「うんっ」
「他には?何か覚えてる?」
「えーと、おんぶ。おんぶしてた。ママを。」

なんだか、感動して涙が出てしまった。

実は、妊娠時、私のお腹の中には余計なものがあった。
妊娠発覚と同時に見つかった子宮筋腫だ。
小さな命が宿ったとき、すでに筋腫の大きさは12センチになっており、医師には「赤ちゃんはどうなるか分からない。」とまで言われた。

「おんぶしてた。ママを。」
これはきっと筋腫のことなのだと思う。
ちょうどモモタの背中に当たる部分に筋腫があったのだ。

私とモモタを苦しめた大きな筋腫。
筋腫のためにお腹の中はかなり狭かったはずだ。
筋腫がなければモモタはもっと広々とお腹の中でふわふわできたのではないだろうか。

筋腫をママだと思っておんぶしていてくれたんだね。
ありがとう、モモタ。

この会話のやりとりはムービーに撮った。私の宝物だ。








スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 Bee-Harmony, All rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。